時代はプライバシーマークが必須

事業者の申請に基づき個人情報の取扱いを適切に行っているかどうか審査し、審査が通れば財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が『プライバシーマーク』を付与。つまり第三者認証になってます。

 

『個人情報の取扱いを適切に行っているかどうか』をもうチョットくわしくいうと、JISの中に『JIS Q 15001』という個人情報保護に関連の要求事項を書いたものがあります。

 

付与された事業者はプライバシーマークを店頭に貼ったり、封筒や説明書、また名刺やホームページに記載できます。
本来プライバシーマークとは何でしょうか?

 

プライバシーマークの有効な期限は2年間で、2年毎に更新します。

 

作ったコンプライアンス・プログラムに基づき実施が可能な体制を整備し審査を受けます。
つまりプライバシーマークを付与された事業者は、JIS規格にのっとり適切な個人情報の取扱しているという目安となります。

 

企業はこの要求事項に準拠したコンプライアンス・プログラムをまず作ります。